ケーブルテレビ事業者検索
HOME ケーブルサービスとは ケーブルテレビ事業者紹介 日本ケーブルテレビ連盟について プレスリリース
事業者向け情報はこちら

HOME > ケーブルサービスとは > ケーブルサービス情報 > 放送サービス

放送サービス

地上デジタル放送 再放送サービス

 わが国では、2011年7月24日に、全国で地上デジタル放送への完全移行が行われました(東北の被災3県を除く)。さらに、2012年3月に、東北の被災3県(岩手県、宮城県、福島県)でも地上アナログ放送が停波し、地上デジタル放送への移行が行われました。
 全国のケーブルテレビでは、この地上デジタル放送の再放送を行っています。地上デジタル放送をより多くの方に楽しんでいただくため、ケーブルテレビでは、「地デジのみ再放送」サービスを導入しています。
 また、地上アナログ放送から地上デジタル放送への移行期の視聴者によるアナログ受信機継続使用要望等への対応として、国の要請に基づき暫定的に行ってきた「デジアナ変換サービス」は、2015年春に円滑に終了いたしました。

地上デジタル 参考サイト

みなさまの地デジの視聴に関する疑問を解決するために、下記の通り、地デジ相談専用コールセンターを開設しております。どうぞご気軽にお問い合わせください。

地デジに関するお問合せ先

総務省 ホームページ

受信方法やよくある質問が掲載されています。
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/dtv/contact.html

※ 地デジコールセンターの相談受付は2015年8月末日をもって終了しました。
今後、テレビの受信障害等については、最寄りの電器店にご相談いただくか、
お住まいの地域を担当している総務省の各総合通信局等の窓口までご相談ください。

一般社団法人 日本ケーブルテレビ連盟 お客様相談窓口

電話番号 … 03-6228-6639
受付時間 … 9:30 ~ 17:00 (平日のみ、土日祝日休み)

集合住宅および、電波障害施設専用相談窓口

一般社団法人 日本CATV技術協会

電話番号 … 03-5273-4674
受付時間 … 9:30 ~ 17:00 (平日のみ、土日祝休み)

多チャンネルサービス(BS・CS)

 わが国では、1980年代以降、国の積極的なコンテンツ振興政策が推進され、衛星を利用し、全国一律の番組を一斉同報で放送できるサービスが導入されました。
 現在、BSデジタル放送やCSデジタル放送では、地上波放送ではできないような専門性の高い番組を提供する放送事業者が事業参入し、わが国の多チャンネル市場を開拓しています。
 専門多チャンネルサービスは多くのケーブルテレビ事業者においてサービスの中心的な存在になっている放送サービスであり、放映される番組のコンテンツは地上波テレビ放送のものと比べ、より深く掘り下げられた専門情報を多く取り扱うことを特徴とする番組編成となっています。
 ケーブルテレビでのサービスでは映画、スポーツ、ニュース、アニメ、ドキュメンタリーなどの多種多様な専門チャンネルから、ケーブルテレビ事業者が30~50チャンネルの基本パッケージを組成し、チャンネル単体で販売する追加オプションチャンネルと共に、加入者にサービスとして提供する形態が一般的となっています。

ケーブル4K

 現在、わが国では、次世代の放送システムである「4K・8K」の推進が行われています。国は、「4K・8K推進のためのロードマップ」を公表し、その中で、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催時の目指す姿として、「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の数多くの中継が4K・8Kで放送されている、全国各地におけるパブリックビューイングにより、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の感動が会場のみでなく全国で共有されている、4K・8K放送が普及し、多くの視聴者が市販のテレビで4K・8K番組を楽しんでいる」姿を提示しています。
 ケーブルテレビ業界では、このロードマップに従い、4K・8K放送実現への取り組みを進めています。4K放送では、2014年6月に試験放送を開始し、11月に4K VODのトライアルを開始いたしました。2015年は、5月に4K VODの実用サービスを開始し、そして、2015年12月1日に、4K実用放送である「ケーブル4K」を開始いたしました。
 この「ケーブル4K」は、ケーブルテレビ業界初の「全国統一編成による4K放送」のコミュニティチャンネルで、現在62社がサービスを提供しており、将来的には、計120社以上のケーブルテレビ局がサービスを開始する予定です。
 全国のケーブルテレビ局が一体となり、4Kならではの美しい映像で日本の自然と人びとの文化をお伝えいたします。

ケーブル4K開始事業者一覧はこちら http://cable4k.jp/index.html

BS 4K・8K試験放送の再放送

 BS17chを使用した4K・8K試験放送は、NHKが2016年8月から、A-PAB(一般社団法人放送サービス高度化推進協会)が同年12月からそれぞれ放送を開始しています。日本ケーブルテレビ連盟ではJDS(日本デジタル配信)・JCC(ジャパンケーブルキャスト)・J:COM(ジュピターテレコム)3社の協力のもと、再放送の実現に向けて取り組んできましたが、準備が整い2017年3月15日から順次再放送が開始されています。なお、再放送は66社(総接続世帯数は約1,691万世帯)で実施される予定です。
再放送実施事業者一覧

 再放送ではJDSで受信された信号を復調しJCCでスクランブル処理を行ったのちに256QAMで変調され、再放送実施事業者に配信されます。
 4Kの時間帯は4Kが2番組、8Kの時間帯は8Kが1番組の放送となるため、4K放送の時間帯は256QAM×2チャンネルで別々の放送を、8K放送の時間帯は4Kにダウンコンバートされた同じ番組が2つのチャンネルで同時に放送されます。
 これまでNHKの放送センターなどの限られた場所でしか視聴できなかった4K・8K試験放送が、ケーブル加入家庭において4K画質で視聴できます。

4K8K推進 参考サイト


ページTOPへ